ここから本文です

デモはラップで 時代が変化?

2016年3月21日(月) 11時56分掲載

デモの主役は、もうラップ? ロックはどこへ アジカン・ブラフマン…叫ぶオルタナ世代

 「民主主義って何だ」「安倍は/やめろ」……。ラップのリズムに合わせて軽快に響くコール&レスポンス。昨年盛り上がりを見せたシールズの街頭デモで頻繁に見られた光景です。かつてはロックミュージックが、反体制的で、政治的メッセージを内包する「若者の音楽」の代名詞だったことを思えば、「時代は変わった」と言えるでしょうか。(withnews)

[withnewsで関連記事を探す]