ここから本文です

中国に家電売却?東芝名残るか

2016年3月16日(水) 8時26分掲載

中国への家電売却で「TOSHIBA」ブランドは国内に残るのか。

買収後に待ち受ける課題。「SANYO」「NEC」がモデルケースに
 東芝の白物家電事業が、中国の美的集団(ミデア)に売却される可能性が高まってきた。美的集団は、1968年に創業した中国・広東省に本社を持つ大手総合家電メーカー。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、エアコン、空気清浄機などを手掛けており、2014年の売上高は1,423億元(約2兆7000億円)。中国のほか、全世界6カ所に生産拠点を展開し、グループ全体で約12万6000人の社員数を誇る。(ニュースイッチ)

[ニュースイッチで関連記事を探す]