ここから本文です

「何演じてもレオ」脱却で光

2016年3月15日(火) 11時17分掲載

“何を演じてもレオ”からの脱却 「レオがレオでなくなった」

 先月末に行われた第88回アカデミー賞で、悲願のオスカー受賞を遂げたレオナルド・ディカプリオ(主演男優賞/『レヴェナント:蘇えりし者』)。19歳で初ノミネートされて以来、22年越しの初受賞に世界中が沸くなか、母国アメリカでは、今回の悲願の受賞についてどのような反応なのだろうか?(オリコン)

[オリコンで関連記事を探す]