ここから本文です

ハチそっくり 新種のガを発見

2016年3月15日(火) 10時42分掲載

ハチにしか見えない新種のガ 沖縄で発見

 ハチにそっくりな新種のガが2015年5月、国頭村で発見されていたことが14日までに分かった。日本で初めて確認されたテイノタルシナ属のガで、発見した九州大学大学院1年の屋宜禎央(さだひさ)さんらが「テイノタルシナ アウランティアカ」と命名した。全長約3センチ。ことし3月7日、動物の進化などを扱う専門誌「ZooKeys」で発表した。(沖縄タイムス)

[沖縄タイムスで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る