ここから本文です

風景に溶け込む特急 導入へ

2016年3月14日(月) 17時40分掲載

「風景に溶け込む特急」登場 「建築界のノーベル賞」受賞者がデザイン 西武

「金沢21世紀美術館」「ルーヴル=ランス」などを手がけた建築家
 東京都の池袋、新宿と埼玉県の秩父、川越方面とのあいだで特急列車を運行する西武鉄道は2016年3月14日(月)、2018年度に新型特急車両を導入すると発表しました。1993(平成5)年に登場した10000系電車「ニューレッドアロー」以来、西武鉄道25年ぶりの新型特急車両になります。(乗りものニュース)

[乗りものニュースで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る