ここから本文です

出費大きい制服 再利用の動き

2016/3/14(月) 13:04掲載

「悩み抱えている保護者も」制服リユース広がる お譲り会、リサイクル店…負担軽減の助けに

 生活困窮世帯にとどまらず、多くの家庭にとって出費が大きい子どもの制服代。その負担を少しでも減らそうと、卒業生などから不要になった制服を集め、リユース(再利用)する動きが広がっている。行政の支援が見込めない中、学校やPTA、地域で手探りの活動が続いている。(西日本新聞)

[西日本新聞で関連記事を探す]