ここから本文です

内野聖陽 大河「バカ殿」話題

3/13(日) 9:28 掲載

骨太からキュートまで 内野聖陽が「真田丸」の“バカ殿”で新境地

 主演の堺雅人を筆頭に豪華キャスト布陣で臨み、何かと話題を振りまくNHK大河ドラマ『真田丸』。最近、徳川家康役・内野聖陽の演技が、「かつて家康がこんなにカワイイ大河ドラマってあった?」などとネットなどで注目を浴びている。主人公・真田信繁(堺雅人)にとっては、クライマックスである大坂夏の陣まで繋がる“超敵役”。これまで風格も貫録もある大物俳優たちが演じてきた家康だけに、内野が演じるコミカルでかわいい家康に、視聴者も虜になっているようだ。骨太な演技で知られる内野が、新境地を開拓したかつてない“バカ殿”にファンが急増中だ。(オリコン)

[オリコンで関連記事を探す]