ここから本文です

シャラポワ、ドーピング陽性

2016/3/8(火) 5:50掲載

シャラポワが全豪OPでドーピング陽性、暫定的な処分へ

【AFP=時事】(更新)女子テニス、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)が7日、今年1月の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2016)でのドーピング検査で、自身の検体から禁止薬物が検出されたと発表した。世界反ドーピング機関(WADA)が定める禁止物質リストに変更があったことが理由と釈明している。(AFP=時事)

[AFP=時事で関連記事を探す]