ここから本文です

経済苦で高校中退 5000人超

2016年3月7日(月) 15時25分掲載

経済苦で高校中退、全国に5千人超 授業料無償化5年、支援に課題

 高校授業料無償化が始まった2010年度から5年間に、経済的理由で高校中退を余儀なくされた生徒が全国で5385人、九州で少なくとも754人に上ることが、西日本新聞のまとめで分かった。経済的理由による長期欠席者(年間30日以上)も14年度だけで、全国で2044人、九州で少なくとも約100人。経済苦で学びたくても学べない子が多数おり、授業料免除や現行の奨学給付金制度では、親の所得格差が子の教育格差を生む「貧困の連鎖」を断ち切れていないことが浮き彫りになった。(西日本新聞)

[西日本新聞で関連記事を探す]