ここから本文です

新刊本を買って 人気作家提言

3/6(日) 16:16 掲載

エンタメの未来が危ない!作家・有川浩が決意の緊急提言「新刊本を買う意味」

 『図書館戦争』や『三匹のおっさん』シリーズをはじめ、『阪急電車』『空飛ぶ広報室』『旅猫リポート』など数々のベストセラー小説を発表している有川浩さんは、作家として第一線で活躍するだけでなく、出版業界にかかわる一人として、出版の未来を真剣に考え続けています。町の書店さんが次々に姿を消し、出版不況が叫ばれて久しい時代に「本を買う」意味とは? (現代ビジネス)

[現代ビジネスで関連記事を探す]