ここから本文です

漂着カメラ SNSで持ち主発見

2016/3/6(日) 6:02掲載

国境越えた“奇跡” 多良間漂着の水中カメラ、SNSで持ち主発見

【多良間】遠い海の先から、多良間島の海岸に水中カメラが1日漂着した。島民がソーシャルネットワークサービス(SNS)で情報沖縄県を書き込むと、多くの人に共有されて瞬く間に世界中を駆け巡り、約10カ月前に台湾でダイビング中にカメラをなくした持ち主が見つかった。国境を越えた人同士の結び付きが実現した“奇跡”にSNSユーザーからは「まさか本当に見つかるとは」と喜びの声があふれた。(琉球新報)

[琉球新報で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る