ここから本文です

巨人の4番 新外国人で大丈夫?

2016/3/5(土) 16:21掲載

巨人の4番はギャレットで大丈夫なのか

 高橋由伸新監督(40)が率いる巨人がオープン戦から好調だ。ここまで7戦6勝1敗。好調理由のひとつが、全試合でチームの4番に座っている新外国人の左バッター、ギャレット・ジョーンズ(34)の存在だ。1日の日ハム戦では、一回無死一、二塁から先制3ランを放つなど、7試合の成績は20打数8安打、1本塁打、5打点で打率4割。真っ向勝負された日ハムの大谷翔平(21)には、2打席連続三振を喫したが、三振もこの2つだけ。昨季の三振率は、24パーセントくらいあったが、一発屋にありがちな、三振かホームランかのタイプではない。(THE PAGE)

[THE PAGEで関連記事を探す]