ここから本文です

テレビざんげ横行に批判 中国

2016年3月2日(水) 19時0分掲載

「テレビざんげ」横行を批判=政協委員、取りやめ提案―中国

 【北京時事】中国の公式弁護士団体「中華全国弁護士協会」の朱征夫副会長(全国政治協商会議=政協=委員)は、共産党・政府に批判的な人権派弁護士やジャーナリスト、改革派知識人らが拘束された後、国営中央テレビなどで罪を認めさせられる「ざんげ報道」が最近横行していることに関して「国民がメディアを通じて有罪であると認識し、『世論による審判』につながりやすい」と批判した。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]