ここから本文です

マッドマックス 試練越え6冠

2016年3月1日(火) 21時4分掲載

なぜ?当然?「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が高評価を受けたこれだけの理由

今年のアカデミー賞で最多6部門を受賞した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。撮影したフィルムは480時間分に及んだ。そのうちの478時間分を捨てた編集担当、独特の世界観を具現化した美術・装置担当、爆音と繊細な音を調和させた録音担当と、大作を傑作へと昇華させた原動力は、難航を極めた製作過程でもへこたれなかったスタッフの力だった。(GQ JAPAN)

[GQ JAPANで関連記事を探す]