ここから本文です

カバの包装 互いに中止要求

2016年2月27日(土) 9時35分掲載

互いに使用中止要求=イソジン包装で争い―米社と明治

 米系製薬会社ムンディファーマ(東京)は26日、うがい薬「イソジン」を日本で製造販売してきた明治(同)に対し、商品キャラクターの「カバくん」を使用した包装デザインを類似品に使わないよう求める仮処分を東京地裁に申請した。イソジンの製造販売権は4月以降、ムンディ社に移る予定で、同社は「薬の成分だけでなく、パッケージ全体がブランドだ」と主張している。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る