ここから本文です

インフル 26都道府県で減少

2/26(金) 20:09 掲載

インフル患者、26都道府県で減少-全国の入院報告数も減少

 インフルエンザの患者報告数が首都圏や大阪など26都道府県で減少したことが26日、厚生労働省が公表した15日から21日までの週の患者報告で分かった。医療機関を受診した推計患者数と入院報告数は減少した一方、学級閉鎖などの教育施設数は増加した。【新井哉】(医療介護CBニュース)

[医療介護CBニュースで関連記事を探す]