ここから本文です

世界最大種の花に最小の新種

2016/2/26(金) 15:50掲載

直径9センチのラフレシア=最小の新種発見―フィリピン

 単体の花では世界最大種が知られるラフレシア類で、花の直径が平均9.7センチしかない最小の新種がフィリピン・ルソン島の山で発見された。フィリピン大チームが26日、国際的な植物学誌フィトキーズ電子版に発表した。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]