ここから本文です

記憶障害も?米の鉛汚染の現実

2016/2/22(月) 15:14掲載

オバマ大統領が非常事態宣言、水道水鉛汚染の現実

ペットボトルの水しか使えない生活続く、米国ミシガン州フリント市
 9歳のカニヤ・フクア=ストリックランドは自分の記憶障害を大人たちが話題にすると、落ち着かない様子を見せた。看護助手をしている母と同じく、米国ミシガン州のフリントで生まれ育ったカニヤは身を乗り出し、朝のアニメ番組から目を離してすぐそばに立つ祖母を見つめた。(ナショナル ジオグラフィック日本版)

[ナショナル ジオグラフィック日本版で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る