ここから本文です

子宮頸がん接種 救済申請5%

2016年2月21日(日) 13時30分掲載

子宮頸がんワクチン、救済申請5% 患者団体ら「医師が非協力的」

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した女子中高校生らが健康被害を訴えている問題で、副作用の疑いが約2600件あるのに対し、医療費など国の救済措置の申請は昨年末で140件(5%)にとどまることが西日本新聞の取材で分かった。300万人を超える接種者の大半が定期接種化(2013年4月)以前に受けた人で、救済期限が申請から過去5年に限られるため、十分な補償が受けられない事態が生じつつある。(西日本新聞)

[西日本新聞で関連記事を探す]