ここから本文です

アルビノの少女 呪術で犠牲に

2016/2/20(土) 14:57掲載

アルビノの5歳少女、手足切断された遺体で発見 ブルンジ

【AFP=時事】アフリカ中央部の内陸国ブルンジで、5歳のアルビノ(先天性色素欠乏症)の少女が自宅から連れ去られ、手足を切断された遺体で見つかった。当局が19日、発表した。呪術に使用する目的だったとみられている。(AFP=時事)

[AFP=時事で関連記事を探す]