ここから本文です

地産地消 市が電力会社設立へ

2016年2月18日(木) 16時58分掲載

全国初、成田市と香取市が電力会社設立へ

 千葉県の成田市と香取市が、再生可能エネルギーによる電力の地産地消に向け、新電力の民間企業と共同出資し、新たに地域電力会社を設立する方向で検討していることが17日、両市などへの取材で分かった。二つ以上の自治体が共同で出資し、電力会社を設立するのは全国で初めてだという。両市は4月から始まる家庭の電力小売り自由化に向け、6月に会社を設立し、10月からの業務開始を目指す。(千葉日報オンライン)

[千葉日報オンラインで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る