ここから本文です

カラオケ ロボと介護市場開拓

2016/2/14(日) 17:15掲載

「カラオケ×ロボット」は介護の救世主になるか?

第一興商とNTTがシステム実証試験
 カラオケがロボットとともに介護市場を開拓している。「DAM」の第一興商はNTT、「JOYSOUND」のエクシング(名古屋市瑞穂区)はソフトバンクと組んで、介護施設にロボットカラオケシステムを展開する。歌と体操、クイズを組み合わせ、楽しみながら健康増進を目指す。カラオケはコミュニケーションロボットのキラーコンテンツになり得るか。現場を追った。(ニュースイッチ)

[ニュースイッチで関連記事を探す]