ここから本文です

タレント猫続々 背景にSNS

2016/2/14(日) 15:06掲載

人気タレント猫続々 エンタメ界で高まる猫人気

 猫人気が高まる中、CMやドラマ、映画でも猫が起用される機会が増えている。風間俊介演じるボクサーと猫2匹の触れ合いを描いた映画『猫なんてよんでもこない』(上映中)、続編制作が決定した宮沢りえ主演の連続ドラマ『グーグーだって猫である』(WOWOW・6月放送予定)など、タイトルに“猫”がつく作品も増加。人気シリーズのスピンオフドラマ『猫侍 玉之丞 江戸へ行く』(全国12局・19日より順次放送)の主演を務めるのは、人間ではなく白猫のあなご(17歳・メス)だ。SNSから人気に火が付くパターンも増えており、近年の猫人気は“一点集中”ではなく、“人気タレント猫”というカテゴリーを形成しつつある。(オリコン)

[オリコンで関連記事を探す]