ここから本文です

廃棄カツ影響 安さに不信感

2016/2/14(日) 10:03掲載

「安さ」への風評不安 廃棄カツ事件1ヵ月

 愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」がカレーチェーン店「CoCo壱番屋」の廃棄カツを横流しした事件は13日、発覚から1カ月が経過した。ダイコーを通じて岐阜県羽島市の製麺業者「みのりフーズ」に入った製品が次第に明らかになる一方、海津市などでダイコーの無届け倉庫が見つかるなど食品廃棄の問題はさらに広がりを見せている。県内の小売店からは、安い食品の買い控えなどを懸念する声も上がっている。(岐阜新聞Web)

[岐阜新聞Webで関連記事を探す]