ここから本文です

終値918円安 下げ幅今年最大

2016年2月9日(火) 15時18分掲載

長期金利、未知の領域=世界経済懸念でマイナス0.035%―東京株918円安

 9日の東京金融市場では、世界経済の減速懸念を背景に投資家のリスクを回避しようとする姿勢が強まり、国債を買う動きが広がったため、長期金利が急低下(価格は急上昇)し、初めてマイナスになった。安全資産とされる円が買われ、円高が急激に進む一方、日経平均株価は急落した。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは一時、前日に比べて0.075%低いマイナス0.035%を付けた。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る