ここから本文です

日経平均 一時下げ幅900円超

2016/2/9(火) 12:44掲載

株、一時900円超安=投資資金、円や国債へ―円114円台、長期金利マイナス

 9日の東京株式市場では、日経平均株価の下げ幅が前日比で一時900円を超え、取引時間中としては1月21日以来約3週間ぶりの安値を付けた。世界経済の先行き不安から市場のリスク回避姿勢が強まり、株式から安全資産とされる円や国債への投資資金流出が加速。外国為替市場では、円相場が一時、2014年11月以来、約1年3カ月ぶりとなる1ドル=114円台に上昇。債券市場では、長期金利が一時初のマイナスとなった。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]