ここから本文です

マット死 賠償時効中断へ提訴

2016/2/9(火) 11:18掲載

明倫中事件、遺族が時効中断へ提訴 元生徒、賠償金支払わず

 新庄市明倫中で1993年1月、1年児玉有平さん=当時(13)=が体育館の用具室で死亡した事件に絡み、関わった元生徒3人が確定した損害賠償命令に応じず、強制執行の手続きも取れないとして、遺族が3人に対し、時効(10年)により請求権の消滅を防ぐ訴訟を起こしたことが8日、関係者への取材で分かった。児玉さんの父昭平さん(67)は「何年もかかって続けた裁判の結果が水泡に帰すことは、有平のためにも避けたかった」と話している。(山形新聞)

[山形新聞で関連記事を探す]