ここから本文です

松山 勝因は驚異のパーオン率

2016/2/9(火) 10:17掲載

大会スタッツから見えた 松山英樹の驚異的勝因とは?

米国男子「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」でリッキー・ファウラーとの4ホールに及ぶ激闘プレーオフを制し、PGAツアー2勝目を飾った松山英樹。終盤、きわどいパットをことごとく沈める粘り強さは圧巻だったが、残った大会スタッツからは、持ち前のショット力も大きく優勝に貢献していたことが浮き彫りになった。(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

[ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)で関連記事を探す]