ここから本文です

スピード再共演続出 狙いは

2016年2月7日(日) 7時47分掲載

ドラマや映画で「スピード再共演」続出 制作側の狙いとは 

 映画『orange-オレンジ-』が絶好調だ。昨年12月の公開後、すでに動員241万人を記録。興行収入も30億円突破は確実と見られている。主演を務めるのは、『下町ロケット』で阿部寛の娘役を演じていた人気女優・土屋太鳳と、ドラマ『デスノート』映画『ヒロイン失格』など活躍するイケメン俳優・山崎賢人。実はこの2人、昨年まで朝の連続テレビの小説『まれ』で1年間共演し続け、最後は夫婦役まで演じていたのだ。「実は最近、こうして間を置かずに俳優が再共演することが多いのです」(業界関係者)。そんな、異例ともいえる「スピード再共演」ブームの狙いと効果とは?(NEWS ポストセブン)

[NEWS ポストセブンで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る