ここから本文です

Jホラー、ブーム再来なるか

2016年1月30日(土) 9時40分掲載

低迷続く“Jホラー”が復活の兆し ブーム再来なるか?

 『リング』シリーズ、『呪怨』シリーズなどに代表される日本発のホラー映画、いわゆるJ(ジャパニーズ)ホラーが世界で高い評価を得てきたのは周知の事実。しかしここ数年、Jホラーが低迷している。昨年の9月、1998年公開の『リング』『らせん』、2003年公開の『呪怨』などを手掛けた製作会社「オズ」が倒産、ホラー映画自体も主演女優がアイドルばかりになり、内容的な話題作・ヒット作を生み出せないでいる。しかし1月30日には『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋―』が全国公開され、6月18日には『クリーピー』の公開も控えているが、予告編などの前評判も上々で、ここにきて久しぶりにJホラー復活の兆しが見え始めているという。(オリコン)

[オリコンで関連記事を探す]