ここから本文です

沖縄米軍 一方的に「水安全」

2016年1月28日(木) 9時5分掲載

沖縄米軍  一方的に「水安全」 浄水場汚染

 北谷浄水場の水源などから残留性有機汚染物質のフッ素化合物PFOS(ピーホス)が高濃度検出された問題で、米太平洋空軍は27日までに、同浄水場から給水を受ける嘉手納空軍基地内の住民に「水道水は安全だ」と宣言する案内通知を出した。安全性について浄水場を管理する沖縄県企業局と「合意(agree)した」と記しているが、県側は「その覚えはない」と関与を否定した。(沖縄タイムス)

[沖縄タイムスで関連記事を探す]