ここから本文です

絶滅のカエル 140年ぶり発見

2016年1月25日(月) 12時40分掲載

絶滅したカエルを140年ぶりに再発見、卵で子育て

母親は自ら卵を産んでオタマジャクシに食べさせる、インド北東部
 木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。(ナショナル ジオグラフィック日本版)

[ナショナル ジオグラフィック日本版で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る