ここから本文です

駅伝 愛知Vでリベンジ果たす

2016年1月24日(日) 18時42分掲載

愛知が逆転で15年ぶりの優勝、昨年失格のリベンジ果たす=都道府県対抗男子駅伝

 第21回都道府県対抗男子駅伝が24日、広島・平和記念公園前を発着点とする7区間、48.0キロのコースで行われ、愛知が2時間20分12秒でゴールし、2001年以来2回目となる優勝を飾った。2位は広島、3位には埼玉が続いた。(スポーツナビ)

[スポーツナビで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る