ここから本文です

廃棄カツ 闇ルートはどこまで

2016年1月23日(土) 13時33分掲載

闇ルートどこまで 廃棄カツ横流し発覚から10日

 愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」がカレーチェーン店「CoCo壱番屋」の廃棄した冷凍カツを横流していた事件は23日、発覚から10日を迎えた。ダイコーからカツを購入した製麺業者「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)の施設では、壱番屋のほかに大手メーカーやコンビニの廃棄商品が次々と見つかっている。捨てたはずの食品が市場に出回るという食の安全を揺るがす事態に、専門家は「食品廃棄のルールを厳しくしないと、また同じことが起きる」と警鐘を鳴らす。(岐阜新聞Web)

[岐阜新聞Webで関連記事を探す]