ここから本文です

朝ドラ「嫁いびり」の真意

2016/1/23(土) 6:36掲載

『あさが来た』プロデューサー「はつと菊」嫁姑バトルの真意

「『あさ』は時代の流れに柔軟に対応して、いろいろなことに挑戦していきますが、お姉さん『はつ』は時代や周りの人たちに翻弄されながらも自分の生き方を模索していく。言い方を変えると妹はホップ、ステップ、ジャンプの人生だけど、姉は遠回りしながら“長い距離”を歩んでいく。僕もそうですが、多くの人は『はつ』と同じような人生を歩んでいるし、歩むことになると思うんです。ですから、人生というのはあきらめなければ状況は切り拓いていける――ということを『はつ』を通して発信したいと思いました」(女性自身)

[女性自身で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ