ここから本文です

公選法改正案が衆院通過

2016年1月21日(木) 12時51分掲載

18歳転居後も投票OK=公選法改正案が衆院通過

 夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのに備え、選挙直前の転居により若者が投票できなくなることを防ぐ公職選挙法改正案が21日午後、衆院本会議で可決、参院に送付された。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]