ここから本文です

1万年前の争い? 人骨多数発掘

2016/1/21(木) 4:21掲載

1万年前、集団で争いか=殺害された人骨多数―ケニア

 アフリカ・ケニアのトゥルカナ湖近くで、約1万年前に狩猟採集民の集団同士が争い、こん棒ややりなどで殺害されたとみられる人骨が少なくとも27人分見つかった。英ケンブリッジ大などの国際研究チームが20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る