ここから本文です

福島の甲状腺がん 原発影響は

2016年1月20日(水) 11時55分掲載

福島県の甲状腺がんは「原発事故の影響とは考えにくい」と専門家が話す理由

 福島県が東京電力福島第一原発事故後に始めた甲状腺検査で、甲状腺がんと確定した人数がこれまで115人に上っている。福島県の検討委員会は甲状腺がんの出現を「原発事故の影響とは考えにくい」と説明し続けているが、専門家がこう話す根拠は何なのか。東京大学医科学研究所研究員で、震災後は福島県南相馬市立総合病院で非常勤医を務め、県民の内部被ばく検査を続けている坪倉正治医師に話を聞いた。(THE PAGE)

[THE PAGEで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る