ここから本文です

暴風雪警戒 東海・近畿も降雪

2016/1/20(水) 6:07掲載

〔台風並みの低気圧〕北日本~西日本で強い冬型の気圧配置 強い寒気による路面の凍結にも注意

気象庁は20日05:00に「暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第9号」を発表しました。発達した低気圧が北海道の東海上で動きが遅くなっており、北日本から西日本では強い冬型の気圧配置が続いています。北日本では21日明け方にかけて、東日本や西日本では20日は、雪を伴って非常に強い風が吹き、猛ふぶきとなる所があるでしょう。また、海上は、北日本から小笠原諸島の広い範囲でうねりを伴って大しけとなる見込みです。気象庁はきょう20日は大雪や高潮に、あす21日にかけて、暴風雪、暴風、高波に警戒するよう呼びかけています。(レスキューナウニュース)

[レスキューナウニュースで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る