ここから本文です

高波取材中 新聞記者が大けが

2016/1/19(火) 20:05掲載

新聞記者が大けが=高波被害の取材中―北海道

 19日正午ごろ、北海道登別市で暴風雪被害を取材していた「室蘭民報社」の男性記者(25)が、高波で倒れた塀の下敷きになり、腰の骨を折る重傷を負った。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]