ここから本文です

国連 アフリカ南部飢餓に警鐘

1/19(火) 14:50 掲載

アフリカ南部、1400万人に飢餓の危機 国連が警鐘

【AFP=時事】長期にわたる干ばつで作物の収穫が打撃を受けたアフリカ南部全体で、約1400万人が飢餓に陥る状況に直面していると、国連(UN)の世界食糧計画(WFP)が18日、発表した。とりわけマラウイでの被害が最も大きいという。(AFP=時事)

[AFP=時事で関連記事を探す]