ここから本文です

日本海側 19日にかけ大雪警戒

2016年1月18日(月) 17時52分掲載

〔爆弾低気圧〕北日本~西日本日本海側中心に暴風雪と高波 鉄道や道路など交通機関への影響注意

気象庁は18日16:49に「暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第6号」を発表しました。あす19日にかけて、低気圧が急速に発達しながら三陸沖から北海道太平洋沿岸に達する見込みで、この低気圧の通過後、21日ごろにかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となる予想です。北日本から西日本の広い範囲で非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。気象庁は暴風雪、暴風、高波に警戒を、また日本海側を中心に大雪に警戒、なだれや着雪に注意するよう呼びかけています。(レスキューナウニュース)

[レスキューナウニュースで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る