ここから本文です

廃棄カツ 自ら製造と偽装か

2016/1/18(月) 8:36掲載

横流し食品、製造者偽装か=詰め替え箱に屋号―岐阜の仲介業者

 カレー店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍カツなどが横流しされた事件で、産業廃棄物処理会社「ダイコー」(同県稲沢市)からカツを買い入れた製麺業者「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)が、食品を詰め替えた段ボール箱に自分の屋号と記号が印字されたラベルを張っていたことが18日、岐阜県の調査で分かった。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]