ここから本文です

失踪の香港書店幹部 中国拘束

2016年1月18日(月) 1時27分掲載

失踪の香港書店関係者は拘束下=「出頭」と国営通信―中国

 【北京時事】中国共産党体制や国家指導者を批判する書籍を取り扱う香港の「銅鑼湾書店」関係者5人が相次いで失踪した事件に関連し、国営新華社通信は17日夜、昨年10月に最初に行方不明となった同書店の筆頭株主の桂敏海氏が拘束下にあると認めるとともに、桂氏が「犯罪に関わっており、関係者も捜査に協力している。さらに捜査を進めている」と伝えた。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]