ここから本文です

幻の花鳥画 83年ぶりに発見

2016年1月14日(木) 12時48分掲載

83年ぶり幻の花鳥画発見=若冲の傑作「孔雀鳳凰図」

 江戸時代中期に京都で活動した画家・伊藤若冲(1716~1800年)の花鳥画で、長く所在不明だった「孔雀鳳凰(くじゃくほうおう)図」が83年ぶりに発見されたことが14日分かった。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]