ここから本文です

iPS 臨床応用へ研究活発化

1/9(土) 10:33 掲載

iPS臨床応用、ロードマップ改訂の「現実度」

研究は加速するか。そしてビジネス化は・・
 事故や疾患などで失われた組織を再生する再生医療で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の臨床応用に向けて研究が活発化している。2014年9月にはiPS細胞由来の組織の移植手術第1号が実施され、その1年後に「経過は順調」と報告された。再生医療の実現を心待ちにしている患者にとって大きな希望となった。次の臨床に向け、さまざまなフェーズで研究が加速している。(ニュースイッチ)

[ニュースイッチで関連記事を探す]