ここから本文です

少雪で「夏型」事故 相次ぐ

2016/1/8(金) 18:22掲載

少雪の影響…「夏型」事故の相次ぐ 県内

 ぼんやり運転、スピードの出し過ぎ…。路面状況が比較的良好な季節に多く見られる、こうした「夏型」の死亡事故が昨年11月下旬から県内で相次いでいる。圧雪、凍結に注意して車はノロノロ運転、徒歩での外出も控える時期だが、暖冬の影響で市街地はいずれも雪がなく、速度も出がち。歩いて外出する人も目立つ。日照時間が短い条件も重なり、重大事故を誘発する危険要素がそろう。関係者は「夜光反射材の着用や速度低下などの対策を徹底して」と警鐘を鳴らす。(山形新聞)

[山形新聞で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ