ここから本文です

妊娠中の喫煙 子の体重少なく

2016年1月6日(水) 21時41分掲載

妊娠中の喫煙で子の体重減=100グラム以上少なく―環境省調査

 妊娠中に喫煙していた母親から生まれた子は、たばこを吸ったことがない女性の子と比べ、出生時の体重が少ないことが6日、環境省が発表した調査結果で分かった。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]