ここから本文です

iPSの元となる細胞 作製成功

2016/1/5(火) 22:22掲載

iPSの中間細胞作製に成功 京大、遺伝子操作しやすく

 ヒトの体細胞がiPS細胞(人工多能性幹細胞)に変わるまでの中間段階にある「再プログラム化中間細胞」(iRS細胞)の作製に、京都大再生医科学研究所の多田高准教授と医学研究科大学院生の勅使河原利香さんらが成功した。遺伝子操作しやすい特長があり、謎の多いiPS化の過程解明や創薬応用が期待できるという。英科学誌に5日、発表した。(京都新聞)

[京都新聞で関連記事を探す]