ここから本文です

台風発電 下町ベンチャー狙う

2016年1月4日(月) 0時51分掲載

目指せ世界初の「台風発電」=ベンチャー、下町で技術開発

 役職員3人のベンチャー企業、チャレナジー(東京都墨田区、清水敦史社長)が新型風力発電機の開発に取り組んでいる。台風の強い風から電力をつくる世界初の「台風発電」だ。町工場が集まり、ものづくりの町として知られる墨田区の浜野製作所が技術開発で支援。清水社長は「新しい発電機をつくり、下町から世界に発信したい」と、目を輝かせる。(時事通信)

[情報提供元サイトで関連記事を探す]